新製品ブログ

Makaaniani ならでは・・こだわりの制作

2020/01/24
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年4月に発表される新シリーズ「Lokahi」。

今回のブログは、Makaanianiならではのアイウェア制作のお話しです。
私たちは、Makaanianiのアイウェアを制作するにあたり、”想いをデザインに”込め、”厳選された素材”を使い、”卓越した技術”で1本1本制作していくことを大切にしています。

“想いをデザインに”

Lokahiのデザインにあたり、「重厚さ」と「使いやすさ」の融合を特に考え,多くの時間を費やしました。
フレームは、始めから使い込んでいるような馴染み、味わいを表現するために、フレーム角の丸みや鋭角さの表現などひとつひとつにこだわり、彫りの入るテンプル部分の厚みも、沈金の絵の深みを出すためのデザインとなっています。

“厳選された素材”

フレーム部分はセルロイドを使用しています。近年アセテート素材が主流になっていますが、柔らかい質感、美しい光沢はセルロイドでなければ出せません。

セルロイドは、乾燥させることで強度が高まる素材です。制作工程において非常に取り扱いが難しい素材ですが、Makaanianiで使用しているセルロイドは、特に年月をかけて乾燥させたビンテージものなのです。
テンプル部分に芯がねが入っていないのは、十分な強度を持ったセルロイドならでは。美しいセルロイド生地が風合を損なうことなく、沈金に対して綺麗な発色を実現しています。

もちろん一つ一つハンドメイドです。

そして、Makaanianiといえば、テンプル部分の沈金です。
沈金作業は、テンプル部分のセルロイドに彫りを施し、金粉を埋めた上に厳選した素材を使って色を付け、最後に光沢を出すために粉末にしたパールを吹き付けコーティングしました。
例えば白を表現する素材。一般的にはステンレス素材を使うことが多いのですが、Makaanianiは天然素材にこだわりプラチナを使っています。他にも貝や珊瑚などの天然素材をふんだんに使用しています。

“卓越した技術”

セルロイドの加工、沈金作業を行うのは、卓越した技術を持つ屈指の職人。
大量生産では決して真似できないオールハンドメイドならではの美しさと質感を実現しています。

Lokahi a kulike!

Mahalo!

このエントリーをはてなブックマークに追加